忍者ブログ
よくわからないことを調べて解説してみるブログ。

2017

1214
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012

0407
DTIでレンタルサーバを借りました。
CentOsの32bitでSTANDARDコース。

①useradd が効かなかった。→PATH設定が足りない。

vi /etc/skel/.bash_profile
PATH=$PATH:usr/sbin/
↑を追加


②subversionをインストール
インストール時に、

audit_log_user_command(): 接続を拒否されました

が出力される。

sudoコマンドを最新にビルドし直すことで治るらしい。以下コマンド。



sudo yum install gcc 
audit_log_user_command(): 接続を拒否されました 
sudo yum install pam-devel 
audit_log_user_command(): 接続を拒否されました 
wget ftp://ftp.informatik.uni-hamburg.de/pub/os/unix/utils/sudo/sudo.tar.gz 
gunzip sudo.tar.gz
tar -xvf sudo.tar
cd 【インストールバージョン】
./configure 
make 
sudo make install

subversionのリポジトリ設定ファイル
レンタルサーバなので、内部用サーバ設定は不要(あると、見れなかったかも。)

view /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

#/repos は、 WEBサーバ用リクエストURLに適用される。「http://www.サーバ/repos/リポジトリ名」となる。
<Location /repos>
   DAV svn
   #サーバ側の内部パス
   SVNParentPath /var/www/svn
   SVNAutoversioning on
   #内部サーバ用
   #Order allow
   #Order deny,allow
   #Deny from all
   #Allow from 127.0.0.1
   #内部サーバ用
  # Limit write permission to list of valid users.
   <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
      # Require SSL connection for password protection.
      # SSLRequireSSL
 
      AuthType Basic
      AuthName "Authorization Realm"
      AuthUserFile /etc/httpd/conf/.htpasswd
      #↑のユーザでログインすることになります。
      Require valid-user
   </LimitExcept>
</Location>
最後に、「sudo /etc/rc.d/init.d/httpd reload」で、apache設定リフレッシュ。


拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
たんてーくん
性別:
非公開
フリーエリア
最新CM
[09/25 http://2017.bblbuy.com]
[09/24 http://www.japanform.com]
[09/23 http://www.japanform.com]
[09/22 http://www.japanform.com]
[09/21 http://2017.bblbuy.com]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP